施工実績詳細

新事務所建物のエントランス
新事務所建物のエントランス

こちらは、2021年より当方の事務所が2階に入居している建物のエントランスとなります。
(地上4階・地下1階)

新築時に工事をさせて頂いたのは2015年の夏頃となり、仲良くさせて頂いている輸入雑貨販売をされておられるオーナーさんが地下に本社を置き、1階の奥には児童発達支援事業所「発達支援つむぎ」さんが入居をされています。
2階以上部は賃貸マンション(ペット可)となっており、屋上に『ドッグラン』を造らせてもらっていますので入居者の方はワンちゃんをいつでも走り回らせる事も可能な建物になっています。

モダンで落ち着いたエントランスは不動産屋さん・入居者さんにも好評のようで、付加価値の創造としてとても成功している物件になります。


こちらの『エントランス』部分は、
YKK AP(株)主催の
2015年 第5回エクステリアデザイン施工フォトコンテスト『窓・庭まわり部門』 銅賞
奥の『児童施設』部分は、
(株)タカショー主催の
2018年 第26回 庭空間施工例コンテスト『リフォームガーデン・エクステリア部門』 銅賞
を受賞させて頂いております。

施工地 東京都豊島区
施工面積 約250平米(約76坪)
施工日数 約30日
予算帯 500万円以上
デザイナー 早野 恵三
カテゴリー エクステリア[新規]
よく見ると、こだわりが散りばめられています

隣地側は戸建て住宅が立ち並んでおり、少し背の高い『ハードウッド横桟フェンス』で目隠しをしています。もちろん柱は腐らないようにアルミ製で、強度のある太い100角材を使用しています。ただ単に横に板を張るだけでは面白くないので、リズム感の出るように間にスリットを入れ、アクセントにつる性植物を這わせる為にステンレスメッシュが入っており、裏側につるが伸びて行かないように背面にはポリカも設置して防御してあります。

床には通常の外構などでは使われていない『ステンレス製目地材』を使用し、更にかなりよぉ〜く見ないと判りませんが、中央土間のコンクリートに色粉を混ぜて施工してあるので若干色を変えてコントラストを出しています。

よく見ると、フランク・ロイド・ライトをオマージュ

この建物のすぐ近くには、有名な建築家のフランク・ロイド・ライトが建てた重要文化財「自由学園 明日館」が有り、大正ロマンの雰囲気が好きなオーナーさんからの要望も有り『大型ロートアイアン門扉』と門柱部の『照明カバー』にライトをオマージュさせたデザインを取り入れてあります。

門扉奥の児童施設前通路は、当初はオーナーさんの元事務所に植っていた植木達を地植えをしていましたが、背面の個性的な色味の化粧ボードを設置するタイミングに色を黒く塗ったドラム缶に樹木を植え直しています。
(ほとんどが落葉樹でカナダ原産の珍しい品種のカエデも含まれています)

お電話でのお問い合わせ (10:00?19:00[火・水曜休]) 03-6304-2528
Webからのお問い合わせ(24時間年中無休)
お問い合わせフォーム